最新の研究に基づいた映像などで、哺乳類のロコモーション能力を一挙公開 ♪

大好評だった「大哺乳類展 陸のなかまたち/海のなかまたち」に続く本展では、陸と海の哺乳類の特徴的な「走る、跳ぶ、木に登る、泳ぐ」の移動運動「ロコモーション」にフォーカスします。
このロコモーション能力を最新の研究に基づく映像で説明し、その解説には陸棲哺乳類最大のアフリカゾウの全身骨格や、体長16mのマッコウクジラの半身を模型で再現したユニークな骨格、12mのセミクジラの全身骨格など、初公開の海棲哺乳類の標本が登場します。
また、哺乳類がこれほどまでにロコモーション能力を特化させた理由となる「食べる」のほか、オスがメスへアピールするために獲得した見事な戦略、胎盤や哺乳、生まれたコドモの生き残り戦略にも注目する「産む・育てる」も紹介しています。

 

開催期間  2019年 3月21日(木) ~ 2019年 6月16日(日)

開催場所  国立西洋美術館

開館時間  9:00~17:00

公式サイト https://mammal-2.jp/

当ホテルより徒歩でおよそ10分♪